牧が 美容師になったきっかけの話 ②♡

1
1

ブログにご訪問 ありがとうございます♪

昨日に引き続き 牧の 

ちょっと変わった美容師人生を書き連ねてみますね。

 

昨日の記事は コチラ

 

サロンに就職が決まってから

残り少ない高校生活は 

サロンでアルバイトさせてもらえるようにお願い。

okもらったので 早速働いていたバイト先を辞め

タオル洗いやら 床はきやらの雑用をしつつ

仕事の流れを見てました。

で サロン後にシャンプーを教えてもらえることになり

先輩の服をベチャベチャに濡らしちゃって

ドライヤーで先輩の服を何度乾かしたことか。。。

おかげで

入社前には シャンプー出来るように。

 

入社して二ヶ月後に支店オープン。

オープニングスタッフになりました。

(スタイリスト3人に 新米アシスタントの私の4人)

店長も地元の人間じゃないし

来る日も来る日も 手が空けばチラシ配りに行ってましたね~。

休みの日も スタッフ皆でポスティング行ったり。。。

チラシをもって お客様が来てくれた時は嬉しかったなぁ

そして 忙しくなってきてからは

3人のヘルプを私一人でする訳で。。。

出来ないって言ってもやらなきゃ誰もいないし。

てな状況で 

優先順位や時間短縮

洗い物を少なく。とか とにかく効率の良さを頭フル回転してました。

おかげで ロッド巻くのも カラー塗るのも 

何もかも かなり早くなりましたよ~♪

(この時の経験は 独立の際に本当に役に立ちました)

 

サロンワークでも シャンプーに入るようになってから

元々肌が弱かったのもあって 手荒れが酷くなって

手の関節のシワ 全部切れてました。

だからグーもチョキも出来なくてじゃんけん出来なかったの 笑

でも 店長と後輩がアトピーで 私よりも手荒れが酷かったので

わたしはまだ我慢できたけど。

お互い 手が痒くて無意識に掻きむしってるのを見たら

手を叩いて正気に戻してあげてたなぁ。。。

(この時の後輩に 現スタッフのかずがいます 笑)

そんな每日でも

すぐ上の先輩を追い越せるかも?なんて考える生意気な後輩でした 笑

 

体育会系のノリのサロンでしたので

コンテストも 「出ない」なんて言えるわけもなく。。。

でも 出るからには賞を取りたい!!!と 必死に練習。

コンテスト前は 夜中の2時とかまでやってて

2階に住んでいる先生が降りてきて

「いつまてやってるの!! とっとと帰りなさい!!」と怒られ

後輩と スゴスゴ帰る生活。

コンテスト3日前くらいから

栄養ドリンク飲みながらのサロンワーク。

コンテスト当日なんて 睡眠不足でみんなハイテンション 笑

帰りは 先輩の運転なのに爆睡してました。

アシスタント時代は 振り返ってみても過酷だったけど

店長クラスの先輩も 後輩も みーんなでコンテストに出たりしてたし

手荒れも私一人じゃなかったから

だから 辞めようなんて思わずに

頑張れたんだと思います。

 

牧のアシスタント時代の話でした♪

20160218_184242

気に入ったらシェア♪

Loading Facebook Comments ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です